バイカー再開発

ニューキャッスル市バイカーのプロジェクト(1971-82 年)
バイカーは、地方自治体による 後の大規模なクリアランス事業
「居住者参加」
計画・設計にあたった建築家ラルフ・アースキンは、
現地に自らのアトリエを設け、パートナーを住まわせて、
スラム 街の住民とともに新しい公営住宅の計画を開始。
 
「長城 (Wall)」 と呼ばれる長大住棟の連続バルコニーでつながれた
住戸群に象徴されるように、地区全体に多様で個性豊かな
デザインが実現することになった。
アースキンがバイカーで見せた独特のアプローチは、
世界中のハウジング・デザインに深い影響を与えた。
後に生みだされたコミュニティ・アーキテクチュアの仕組みに
対する先駆的モデルともなった。
0

    クリストファー・アレグザンダー

    1936年、ウィーンに生まれる。63年、ハーバード大学Ph. D 修了。『都市はツリーではない』『形の合成に関するノート』などの著作をつぎつぎに発表し、建築理論家として名をはせる。一方、67年に環境構造センターを設立、数々の建築プロジェクトを手がけ、一躍脚光をあびる。77年には、それまでの研究成果をまとめた著書『パタン・ランゲージ』を著し、まったく新たな建築理論を提出、建築パラダイムの再構築をはかる。主な参加プロジェクトには、オレゴン大学のマスタープラン、モデスト・クリニック、メキシカリ実験住宅、リンツ・カフェなどがある。また84年には、埼玉県の東野高校を建設、「名づけえぬ質」の実現された建築として、高い評価をうける。現在、カリフォルニア大学バークレー校環境デザイン学部建築学科教授。
     
    0

      クリスチャン・ノルベルグ=シュルツ 『実存・空間・建築』

      ギーディオンの弟子。
      ギーディオンらの従来の[空間]の捉え方の甘さを指摘し、
      新たな空間の分類法として、実存的空間を提唱

      ジークフリード・ギーディオン
      近代を生きた建築思想家
      古代から近代にいたる建築の変化を、『時間・空間・建築』という大著にまとめた

      ようです。
      ネットから探してみました。
      0

        集合住宅地の人口密度

        0

          連担建築物設計制度

          0

            スポーツ施設の寸法

            0

              プレグナンツ

              0

                アフォーダンス、パーソナルスペース

                0

                  カーテンウォール

                  0

                    高層建築物建設による風速増加率

                    0

                      | 1/2PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM